BAによるクラフトブルワーの定義改訂 1 | ベルギービール通販の大月酒店が過去にfacebookに掲載したコラムをご紹介致します。

MENU

大月酒店 TOP
店主ご挨拶

初めての方はご一読下さい

取扱いベルギービール一覧

弊店取扱い商品一覧です。
近々に消費税の増税が喧伝されておりますので表示価格は税抜きとさせて頂いております。何卒の御了承をお願い致します。

カートを見る

カートに入れた商品をご覧頂けます

注文方法

御注文に際し、ご一読下さい

返品・交換について

御注文に際し、ご一読下さい

ベルギービールコラム

過去に掲載したコラム

アクセス 大月酒店
facebook
Facebookページも宣伝

〒 564-0001
大阪府 吹田市 岸部北 5-10-35

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコール飲料、酒類のご注文は、ご注文時満年齢で20歳未満のお客様はお受けできません。

BAによるクラフトブルワーの定義改訂 1

アメリカのブルワーズアソシエーション(以下、BA)が2014年3月に発表した「クラフトブルワリーの定義改訂」についてご紹介致します。 何を以て「クラフトビール」もしくは「クラフトブルワー」とするかは意見の分かれるところですが、アメリカ最大のグループであるBAの定義を知っておくのは損ではないと思います。以下、要点をまとめておきます。

BAのディレクターは協会の目的、ミッション、コアバリューや信条、およびクラフトブルワーの定義を改訂しました。以前の協会の目的は”独立したアメリカの小規模醸造家たち、彼らが生み出すをビール、そして醸造家たちのコミュニティを後押しし、保護する”として書かれていました。 その目的により”クラフトビール”が守られてきたわけですが、協会はクラフトビールを定義していません。ですから、我々は全ての小規模醸造家を後押しし、保護してきました。 今回の新しい方向性はアメリカの小規模醸造所およびそのビールに向いています。改訂後の目的はこのように記されています。”アメリカのクラフトブルワー、彼らが生み出すをビール、そして醸造家たちのコミュニティを後押しし、保護する”と。(※「小規模」という文言が削除されています。)
小規模ブルワーとクラフトブルワーの違いをビックリするほど明確に打ち出した改訂箇所はクラフトブルワーの定義です。 2014年までの定義の伝統的な柱では小規模ブルワーをクラフトと分類し、売上の大部分を占めるフラッグシップ商品のビールタイプには基づいていませんでした。 スタンダードラガーやライトラガーをメイン商品としている会社は小規模ではあるが、クラフトとは認められない可能性もありました。 クラフトブルーイング革命の初期にはこの分類は有効に働きましたが、革命が進むにつれて多くのブルワーがレシピにモルト以外の副原料使用を考えているのが見受けられます。 強いものを軽くすることでビールをより良い味わいにする為、副原料を使用するブルワーもいるのです。
以前の定義に関して更に気になるのは、「伝統的である」という記述が何世代にも渡るブルワーを除外している点です。 例えば、こういうことを言うメンバーの方々がいました。 100年、150年もブルワーを続けているが伝統的ブルワーだと看做されない人がいるのは全くもって理解できない。と。 協会と定義の変化により、今や協会が単独小規模ブルワーをクラフトブルワーとして後押しし守る対象としているのが明確となりました。 評議員は目的および定義において個別の企業を議論の対象とはしていないとしましたが、結果として協会の言い分を全てまとめた形になっています。
クラフトブルワーの定義の柱である”SMALL”はマーケットシェアの観点からみた時の600万バレルという量を”SMALL”であると解釈可能にする意味合いも含んでいました。 評議員はこの数字が有用だとして改めませんでした。
新しいコアバリューや信条には”イノベーティブ”という考えが含まれていて、それによって多くのブルワーの今までの縛りを乗り越えようとする精神が理解できるようになります。

今回は原文の要点を直訳でお伝えしましたが、前提となる条件などが書かれていないので、分りにくい部分もあると思います。そこで、詳しい解説を次回お伝えしたいと思います。
  原文はこちら »