ベルギービールコラム一覧 | ベルギービール通販の大月酒店が過去にfacebookに掲載したコラムをご紹介致します。

MENU

大月酒店 TOP
店主ご挨拶

初めての方はご一読下さい

取扱いベルギービール一覧

弊店取扱い商品一覧です。
近々に消費税の増税が喧伝されておりますので表示価格は税抜きとさせて頂いております。何卒の御了承をお願い致します。

カートを見る

カートに入れた商品をご覧頂けます

注文方法

御注文に際し、ご一読下さい

返品・交換について

御注文に際し、ご一読下さい

ベルギービールコラム

過去に掲載したコラム

アクセス 大月酒店

Facebookページも宣伝

〒 564-0001
大阪府 吹田市 岸部北 5-10-35

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコール飲料、酒類のご注文は、ご注文時満年齢で20歳未満のお客様はお受けできません。

ビールのグラスについて 4

歴史と共に振り返るグラスの話と現状について

続いては「汎用性の高いグラス」についてです。
前回お話した通り、アメリカでは「シェイカーパイント」一本やりだった中で、それを是正する動きが出て来ています。 それでは、果たして幾つのタイプのグラスがあれば現状の全ビールタイプに対応出来るのでしょうか?その一つの解答例として、 アメリカのブルワーズアソシエーションの作成した動画をご紹介致します。 2分程の短いものなので、是非ご覧下さい。
上に挙げたものが正解だと断定することは決してありませんが、一つの考え方であるとは思います。飲食店の場合、銘柄毎に揃えていくと置いておくスペースが無くなってくるという問題もあると伺ったことがあります。 ビール自体が「多様化」して行く世界的な流れは止めようもありません。ビールの多様化に伴って拡散していた「専用グラス」は収束していくのかもしれません。


最後は「大月酒店が現時点で考える汎用性の高いグラス」についてです。

写真は左から、ローデンバッハ グフォンクリュ、ウールビール、アウドベールセル、デュフニート、グロッテンのグラスです。 どのグラスがどのスタイルに対応するかは敢えて申し上げません。グラスが変わることで、そのビールは表情を変えます。色々と試す中で飲み手がその傾向を捉え、ビールに合わせてお好みのものを使って頂ければと思います。
これらのグラスを選んだのは、ボウルの形状や口の広がり具合から香味や味の変化が顕著で分かり易いからです。また、グラスの厚みや洗い易さも考慮しています。この5種類があればかなりの範囲に対応出来るのではないかと思っております。 もし宜しければ皆様のご意見を頂戴したく存じます。

大月酒店はビールのみならず、専用グラスも多数取り扱っております。長年グラスを取扱いながらも、ベルギービールが国際化し、日本国内で地ビールや各国のクラフトビールが盛り上がっていく様子を眺めていると、 「専用グラスの必然性」が時代と共に薄れつつあるのではないかとを感じてきております。ベルギーにも新進気鋭の醸造家が出現し、国際化は留まることを知りません。 今回はグラスを切り口にして参りましたが、ビールに携わる者として今後も様々な角度からビールシーンの流れがどうなっていくのかを見ていきたいと思います。