ベルギービールコラム一覧 | ベルギービール通販の大月酒店が過去にfacebookに掲載したコラムをご紹介致します。

MENU

大月酒店 TOP
店主ご挨拶

初めての方はご一読下さい

取扱いベルギービール一覧

弊店取扱い商品一覧です。
近々に消費税の増税が喧伝されておりますので表示価格は税抜きとさせて頂いております。何卒の御了承をお願い致します。

カートを見る

カートに入れた商品をご覧頂けます

注文方法

御注文に際し、ご一読下さい

返品・交換について

御注文に際し、ご一読下さい

ベルギービールコラム

過去に掲載したコラム

アクセス 大月酒店
facebook
Facebookページも宣伝

〒 564-0001
大阪府 吹田市 岸部北 5-10-35

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコール飲料、酒類のご注文は、ご注文時満年齢で20歳未満のお客様はお受けできません。

知っておくと為になるビール用語 7

新しいトラピスト

今回は”新しく出来たトラピスト”についてお話致します。
トラピスト,マーク
トラピストビールには六角形の”Authentic trappist product”マークがついており、その出自が確認できるようになっています。これがついていれば”トラピスト修道会に加盟している修道院が作っている”ということが保証されます。 International Trappist Association(国際トラピスト修道会)の認定基準を以下にご紹介致します。

according to the International Trappist Association:
1.) The beer must be brewed within the walls of a Trappist monastery, either by the monks themselves or under their supervision.(ビールはトラピスト修道院内で修道僧自身によって、もしくはその管理下で製造されなければならない。)
2.) The brewery must be of secondary importance within the monastery and it should witness to the business practices proper to a monastic way of life. (醸造所は修道院の第二義的なものでなくてはならない。修道院の活動に対して適切な商業的活動であると証明されるべきである。)
3.) The brewery is not intended to be a profit-making venture. The income covers the living expenses of the monks and the maintenance of the buildings and grounds. Whatever remains is donated to charity for social work and to help persons in need.(醸造所は営利活動をしてはならない。収益は修道僧の生活費や建屋などの修繕費を賄うものである。残った収益は社会活動や助けの必要な人々に提供される。)

モンデカ
2012年、フランスのモンデカ修道院がビールの販売を始めました。昔自前で醸造していた正真正銘トラピスト修道院ですが、20世紀に入って醸造を止めてしまいました。それを復活させるべく、現在はまずシメイで作られたビールを瓶詰めして販売しています。 表ラベルには”biere trappiste”という表記がありますが、六角形の認証マークは付いていません。非常に微妙な点ですが、自前の醸造ではないのでマークが付けられないそうです。 中身は真正トラピストのシメイの醸造したビールであり、修道院自体も正式な加盟者ですが、 ただ認証マークがないという状況です。近々醸造を始めるのでは、と言われています。

グレゴリアス
また、同じく2012年、オーストリアのエンゲルスツェル修道院が”グレゴリアス”というビールを発売しています。エンゲルスツェルは1293年に設立された修道院で、1590年頃にはビール醸造を開始したとされています。 この修道院は1786年に1度破壊されましたが、第1次大戦の後、1925年にアルザス地方から亡命したグレゴリウスという修道僧により再建されました。1930年には修道院となり、現代に至ります。
2012年2月8日に最初の醸造を行い、2012年5月に国際トラピスト会修道士協会より8つ目のトラピストビールとして公式に認められ、2012年6月1日リリース開始。 ダークエールのグレゴリアス(Gregorius)以外に、アンバーエールの“ベノ(Benno:ABV 7.2%)”が造られ、国内用以外にはアメリカ向け輸出も始まっています。

スペンサー
2013年12月6日、今まで養蜂などで生計を立てていたオランダのズンデルト修道院も醸造を開始しました。 また、12月10日にはアメリカのマサチューセッツ州スペンサーのセイントジョセフ修道院も正式に”Authentic trappist product”を取得したという情報もあります。
ズンデルト

スペンサー


また、新たな動きについてご紹介致します。
2015年にイタリアでもトラピストビールが生まれました。ローマにある修道院"Abbazia delle Tre Fontane"(トレ フォンターネ)が認証を受け、現在修道院と周辺のお店で販売されています。
ビールは修道院内部で育てているユーカリも使用した、非常に特徴的なエールになっているそうです。 修道院のHPはこちら » 
トレ フォンターネ

現在トラピストは非常に活発に活動しており、注目のトピックの一つです。新しい情報が入り次第、こちらに関しては随時更新して参ります。