ベルギービールコラム一覧 | ベルギービール通販の大月酒店が過去にfacebookに掲載したコラムをご紹介致します。

MENU

大月酒店 TOP
店主ご挨拶

初めての方はご一読下さい

取扱いベルギービール一覧

弊店取扱い商品一覧です。
近々に消費税の増税が喧伝されておりますので表示価格は税抜きとさせて頂いております。何卒の御了承をお願い致します。

カートを見る

カートに入れた商品をご覧頂けます

注文方法

御注文に際し、ご一読下さい

返品・交換について

御注文に際し、ご一読下さい

ベルギービールコラム

過去に掲載したコラム

アクセス 大月酒店
facebook
Facebookページも宣伝

〒 564-0001
大阪府 吹田市 岸部北 5-10-35

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコール飲料、酒類のご注文は、ご注文時満年齢で20歳未満のお客様はお受けできません。

知っておくと為になるビール用語 5

ケグ」・「グラビティー(gravity)」

今回は「樽とケグ」です。
一般的にビールは「瓶」や「缶」で流通していますが、飲食店だと「生樽」のビールも提供されています。そもそも「樽」とは何でしょうか?
これほど科学技術が発達していなかった頃から人間はビールを飲んでおり、居酒屋などに醸造所からある程度多い量を一度に運ばなければなりませんでした。その際の運搬用容器は「木製の樽」でした。 恐らく衛生上の観点から現在「木製の樽」が使用されることはなく、金属製のものに切り替わっています。
ここで少し英語のお勉強です。
日本では一括りに樽と呼んでいますが、英語では木製と金属製を完全に区別しています。"barrel"と"keg"です。前者を既に運搬用に使用されることは無く、飲食店で使う金属製のものを指して使うことはありません。 貯酒の為には使うので、最近よく「barrel-aged(バレルエイジド)」という使われ方もしています。また、ビール用語としては、ビールの量を表す単位として使います。(1バレル=31ガロン=約117L) "barrel"と"keg"の違いは是非覚えて下さい。
金属製ケグ以外にも最近はプラスティック製のものなど、色々と使われています。幾つか挙げてみましょう。

pubkegpatainerecokeg
(この3種類は金属ケグと構造はほぼ同じで、強制カーボネーションタイプ。)
keykeg

中身のビールだけでなく、容器も随分進化しています。今後の進化も楽しみです。



次は「gravity(グラビティー)」です。
ビールを飲んでいてもあまり聞かない言葉ですが、非常に密接な関係を持っています。これを知るとますますビールが面白くなりますので、これを機会に是非覚えて下さい。
“gravity”を翻訳するとこうです。
Gravity (名詞) 真面目さ, 危険, 厳粛さ, 重大さ, 重量, 重力, 比重
ビールの場合には「重力」か「比重」という意味で使います。
それぞれご説明致します。

A,「重力」の場合
「ハンドポンプなど下から汲み上げるのではなく、重力でそのままサービングされるもの」と言った意味で使われます。 容器の下側に注ぎ口があり、それを開けば自然と中身の液体が出てくるという訳です。 最近スーパーでもよく見かける「バッグインボックスワイン」と全く同じとお考えください。 強制カーボネーションさせることがないので、リアルエールによく見られます。
B,「比重」の場合
Wikipediaの説明をまず見てみましょう。 比重_(ビール)
簡単に言うと、「麦汁に含まれる糖の量の比率」のことです。 発酵前の比率を「初期比重(Original Gravity、略してOG)」と、発酵後の比率を「最終比重(Final Gravity、略してFG)」と区別して呼びます。 発酵前の麦汁に含まれる糖を酵母が食べて、アルコールと二酸化炭素を生み出します。 よって、初期比重の値より最終比重の方が絶対に低くなり、どれだけ低くなったかによってアルコールに変化した割合が分ります。 初期比重が高くないと高アルコールビールは作りにくいのです。

以前IBUの項で書いた通り、ホップによる苦みは甘みによって相殺されて感じます。よって、最終比重の高いもの(=糖がたくさん残っているもの)はホップを大量に効かせてもIBUの値ほど苦く感じません。
各醸造所が細かく比重まで発表していないので目にする機会は少ないですが、比重のことを知ると味わいや風味、作り方の見え方が変わってくるように思われます。興味を持たれた方は「Brix」や「Plato」などについても是非調べて見て下さい。
最後にこぼれ話として、ロシュフォールについて少し。トラピストビールで有名なロシュフォールには6、8、10の3種類があります。 この数字は何かというと、「初期比重の小数点以下第二位の数字」を表しています。 ロシュフォール6は1.06、8は1.08、10は1.10ということです。 前述した通り、初期比重に比例して仕上がりの度数も上がっています。