アメリカンクラフトビールの成長と現在 3 | ベルギービール通販の大月酒店が過去にfacebookに掲載したコラムをご紹介致します。

MENU

大月酒店 TOP
店主ご挨拶

初めての方はご一読下さい

取扱いベルギービール一覧

弊店取扱い商品一覧です。
近々に消費税の増税が喧伝されておりますので表示価格は税抜きとさせて頂いております。何卒の御了承をお願い致します。

カートを見る

カートに入れた商品をご覧頂けます

注文方法

御注文に際し、ご一読下さい

返品・交換について

御注文に際し、ご一読下さい

ベルギービールコラム

過去に掲載したコラム

アクセス 大月酒店
facebook
Facebookページも宣伝

〒 564-0001
大阪府 吹田市 岸部北 5-10-35

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコール飲料、酒類のご注文は、ご注文時満年齢で20歳未満のお客様はお受けできません。

アメリカンクラフトビールの成長と現在 3

クラフトビールシーンが現在大いに盛り上がっています。特にアメリカの伸長が目覚ましく、数字がそれを証明しています。今回は「クラフトビールの成長と現在」をテーマに、数回に分けてお送り致します。



前回大手のクラフトブルワリー買収に関してご紹介致しました。今回は買収ではなく、出資についてご紹介したいと思います。
BREWERS ASSOCIATION(以下、BA)の定義によると、「クラフトビール会社では無いところに25%以上所有されているブルワリーはクラフトでは無い」とされています。 インベヴやミラーなどは年間600万バレル以上生産していますのでクラフトブルワリーでは無いということになり、その会社が25%以上所有権を有するブルワリーは上記を理由にクラフトでは無いということになります。
インベヴの出資している会社の一つに”CRAFT BREW ALLIANCE(クラフトブルーアライアンス 以下、CBA)”というところがあります。 CBAはREDHOOKやWIDMER BROTHERS、KONA BREWINGなど大人気ビールブランドを持つ大きなビール会社で、現在グループ全体で年間数十万バレルの規模です。 2013年1月にインベヴはCBAに出資し、その32.2%を取得しました。 REDHOOKは日本でも有名で人気も非常に高いですが、インベヴの保有する比率からBAの定義に照らし合わせるとクラフトビールでは無いのではないか?という議論もあります。 ビール専門誌DRAFTMAGAZINEのように”クラフトビールでは無い”と断定する人もいます。 draftmagazine誌 "the meaning behind craftbeer"
ラベルに大手の名前が出ていないので、勘違いする人もいるでしょう。消費者への透明性確保が叫ばれる理由の一つがここにあります。

前回、インベヴが新たにクラフト・輸入ビールの事務所を設立することをご紹介しました。今度は輸入ビールについて見てみましょう。
まずこちらの記事をご覧下さい。bloomberg 2012年6月29日 "ABインベブ、グルポ・モデロの未保有株取得で合意−201億ドル"。 独占禁止法に抵触する可能性があるとして提訴もありましたが、2013年に完全買収が成立しました。
"グルポ・モデロ"は有名なコロナを作っている会社で、コロナはアメリカが消費する輸入ビール第一位の銘柄です。 同社はメキシコ国内シェア一位であり、各国に輸出もしています。インベヴがグルポ・モデロを子会社化することによって「輸入ビールのシェアも獲得し、輸出チャンネルも確保する」こととなりました。

クラフトビール産業は凄まじい勢いで伸びていますが、大手の動きは正にグローバルです。ハイネケンやミラーも同様の動きを多かれ少なかれ見せています。現地法人買収や出資による提携など、国内・国外を問わず活発に動いているのです。 大手の動きは非常に示唆的であり、今後も注視していきたいと思います。

次回からは、クラフトブルワリー側の次の一手について見ていきたいと思います。続く。