アメリカンクラフトビールの成長と現在 1 | ベルギービール通販の大月酒店が過去にfacebookに掲載したコラムをご紹介致します。

MENU

大月酒店 TOP
店主ご挨拶

初めての方はご一読下さい

取扱いベルギービール一覧

弊店取扱い商品一覧です。
近々に消費税の増税が喧伝されておりますので表示価格は税抜きとさせて頂いております。何卒の御了承をお願い致します。

カートを見る

カートに入れた商品をご覧頂けます

注文方法

御注文に際し、ご一読下さい

返品・交換について

御注文に際し、ご一読下さい

ベルギービールコラム

過去に掲載したコラム

アクセス 大月酒店
facebook
Facebookページも宣伝

〒 564-0001
大阪府 吹田市 岸部北 5-10-35

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。アルコール飲料、酒類のご注文は、ご注文時満年齢で20歳未満のお客様はお受けできません。

アメリカンクラフトビールの成長と現在 1

クラフトビールシーンが現在大いに盛り上がっています。特にアメリカの伸長が目覚ましく、数字がそれを証明しています。今回は「アメリカンクラフトビールの成長と現在」をテーマに、数回に分けてお送り致します。




こちらは2014年までのアメリカクラフトビール市場の移り変わりを示しています。クラフトビール市場は圧倒的なスピードで拡大してきています。 2014年に入り、醸造所の数は遂に3000軒を突破しました。これは禁酒法時代以来最大の数字です。非常に象徴的な数字だと言えるでしょう。 生産量は2014年で年間1000万バレルを超えます。リットルに直すと約17億リットルです!!。 ちなみに、以前このメールマガジンでご紹介した通り、アメリカでのクラフトブルワリーの定義が若干変更されています。2013年および2014年のデータはそれを基に計算されていることに注意して下さい。

さて、こちらのリンクを見て下さい。 ワシントンポスト 9/11版

ワシントンポストによると、アメリカ人の良く飲むお酒第一位はビールです。しかしながら、以下の図が示す通り、全体の消費量は少なくなってきています。



クラフトビールカテゴリーは17.2%もの伸びを見せていますが、全体の消費量は1.9%減っています。大手のビールが減り、クラフトビールが伸びた結果が-1.9%なのでしょう。全体は減少していますが、クラフトビールの伸長には目を見張るものがあります。
また、輸入は若干減っていますが、輸出が物凄い伸びです。BA(Brewer's Association)が輸出を後押しするプログラムを政府公認で行ってきた成果でもあるのかもしれません。今後もこの流れは強くなっていくように思われます。
当然ながら、この状況において大手は黙っていません。色々な動きが出始めています。そして、クラフトブルワー側も新たな動きが見られます。次回は大手の動きについてご紹介したいと思います。

続く。

  BAの発表した原文はこちら »